猫井 椿 かのじょの思い出

時折かきょうの写真を見ては最後の別れの日の事を思いだして、
切ない気持ちでいっぱいになっていたけれど。今では可愛かったなぁっと語れるくらいに落ち着いております。

綺麗で鼻っ柱が強くて、でもとにかく甘えん坊でプライド高いまさにツンデレな
お姫様でした。
寒月が引っ越す間しばらくうちで預かっていたことがあるのですが、毎日毎日親ばかのように写真を撮っては「もう、可愛いなぁ!!」と叫んでいたものです。

そんなしっかりした猫だったのに、私が最後に預かった頃には、猫が変わったように
おっとりとして無口で優雅で物静かで。
そして眠ってばかりになっていました。多分身体が辛かったのもあるでしょう。
でも優しくしてもらいました。その期間は今思えば、なんとも贅沢な思い出をもらえた
期間でした。

今でもお盆に里帰りしないかしらと待っているのですが、今年はうちにはこなかったようです。
また彼女に会えるといいなと願っています。

アーカイブ